伝言板問題について・理由編(長いですよ)

 まず、キリ番ネームを廃止した大きな理由は、一部の方が言うように、最近、キリ番を取る行為が、少なからずゲーム性を持ってしまった事です。
正直、近頃は、キリ番近くになると、急にカウンターの回りが早くなることは感じていました。でも、キリ番を取っても、あんなダジャレでこじつけた名前しか付けられないのに、みなさんが凄く喜んで下さるので、その部分に関しては、素直に嬉しかったです。
ただ、キリ番ネームは、このHPを見て下さった方が、「あ、キリ番。じゃあついでだし、名前もらおうかい」程度のモノであって欲しかったんです。それが、最近のような、「よ〜し、いっちょ私も狙うぞ!」的なモノになってくると、それは僕の本意ではなくなるんです。あくまで伝言板(表)には、このHP上のことや、僕らを舞台・テレビで見た上でのことをメインに書いていただきたいですから。
ぶっちゃけた話、僕じゃなくて、僕の付けるキリ番ネームの方が主役になるのはジェラシイだと。もちろん、キリ番をガンガン狙っていた方々も、僕を応援して下さる気持ちがあった上でのこと(だと思う)でしょうから、攻める気持ちとかは全くないですよ、本当に。
当然、僕がみなさんにお付けした名前は、今まで通りガシガシ使ってくれて結構ですので。はい。

 それと、「キリ番ネーム、廃止じゃなくてもいいんじゃないの?」みたいな気持ちもありました。
別に、ニックネームを考えるのは、特に苦ではないですから。
ただ、今、ここをこうして読んでくれている人たちが、僕の趣旨を理解してくれても、また新たにこのHPを発見し、常連になってくれるかもしれない方々から、また同じ問題、そして同じ議論が起こると悲しいので、思い切って廃止にしました。
1万番に1人とかにしようとも思ったのですが、それはそれでまた問題が起きそうですし‥‥いつかキリ番を取る事を楽しみにしてくれていた方々には、本当に申し訳ないです。すんません。

 それから、「何も返事までやめなくてええやん」と思った方もいらっしゃるでしょう。
嬉しいことに、最近は書き込みもたくさん増えてきて、あんな連名の手抜きお返事でも、結構時間がかかったりしています。
それでも、お返事に費やす時間が全く無いかって言ったら、今んとこ、そこまで忙しいワケではありません。
ダラダラ過ごす時間もあります。
でも正直、仕事が連日続いたりする時には、返事を負担に感じてしまう日もあります。
わざわざ書き込んでもらっておいて、本当に失礼な話なんですが‥‥でも、そんな心情を察してくれてか、中には、「フジイの返事の負担を減らすため」と、自ら書き込みを制限してくれている方々もいらっしゃるようです。
このお気遣いは、本当にありがたいですが、これもやはり、僕の本意ではありません。
表・裏、両伝言板とも、みんなが思った時に、思ったことを書き込める(もちろん他人を傷つけない範囲で)ような、そんな伝言板であって欲しいからです。
だから、「僕が今後、伝言板を負担に思う瞬間がないように」、ということと、「書き込む人が、僕の返事の負担を気にせず書き込めるように」という二つの理由で、お返事も書かないことにしました。
なんだかんだ言って、自分中心の考え方での決断になってしまったようで、本当にすんません。
でも、御理解いただけるとありがたいです。

 もちろん、返事をやめるからって、伝言板に来ないわけではないですよ。
質問等には、可能な限りお答えしたいし、チケットの予約とかも、従来通り受け付けますので。
それに、今までも、全部の書き込みをちゃんと読ませていただいていましたし、これからもそうするつもりです。
必ず全部読みます。ただ、今までの伝言板は、ほとんどの書き込みが「僕−書き込む人」の関係だったと思うのですが、今後は、左記の関係プラス、「書き込む人−書き込む人」での交流も活発になればなぁ、なんて事も願っています。
「セレナーデに行きたいけど、一人じゃ不安なので、誰か一緒に行って!」とか、「オンバトを見損ねたので、誰か貸して!」みたいな交流が盛んになるのも素敵かなと思いました。
もちろん、このHPや僕に関係のない交流は、従来通り裏伝言板もありますので。よろしくお願いします。

 それにしても、つい2〜3年前までは、カウンターは1日に50人も回らない上に、丸一日書き込みがない日なんてザラでしたから、書き込みの一つ一つにお返事が書けていました。
その中で、「キリ番を取るとニックネーム進呈」−これは、最初はほんのオマケ要素だったんです。
当初は100番単位でしたが、それでも1週間に1、2個程度だったと思います。それが、アクセス数が多くなるにつれ、キリ番も1,000番単位にしてもらい、お返事も連名形式にさせてもらったりして。
これは、僕的には、自分の芸人としての地位が、ほんの少しずつでも高まってきていると実感できる、とても喜ばしいことでした。
だから、本来ならば、応援して下さっているみなさんに、何かしらお返しをしなければならないぐらいなのに、お返事&キリ番ネームを廃止するという、正反対の結論を出してしまい、本当に薄情なヤローだとお思いでしょう。
謝ってばっかりですが、これまたすんません。

 最後に、僕からの返事を楽しみにしてくれていたみなさんには、本当に申し訳ないと思っています。
正直、キリ番ネーム・お返事を廃止することで、書き込みが激減すると予想しておりますが、それはそれで仕方がない事だと思っています。
それは、明らかに僕からのサービス量が減ってのことなので。
それでも、今までの、みなさんの書き込み一つ一つに、本当に力を貰ってきましたし、これからも貰い続ける思います。
だから、これからも「お笑い界漂流中!」に、「伝言板」は必要不可欠なのであります。
どうか、今後もうちの伝言板を活用してやって下さいな。

 長々と言い訳がましい事を書いてしまい、すんませんでした。
最後まで読んでくれた人、ありがとう。今回の件で、改めて、ここに来ているうちの多くの方が、このHPのことを真剣に考えて下さり、心底楽しんで下さっているのが伝わって来ました。
本当にありがとうございます。こんな、21世紀なのに字しかないHPを楽しんでくれて感謝です。
これからもヨロシクです。

'02. 9. 20. フジイヒロカズ

出だしへ--伝言板--何でも書いて
--お笑い界漂流日誌--